企業ブランドの構築なら IQブランディング TOP » ブランドビルダー日記

ブランドビルダー日記

3月9日~23日 忘れようもないけど備忘録

日時: 2011年03月23日 23:23

9日出張プレゼン戻し 10日打ち合わせ1件恵比寿 11日午前中歯科、午後社員の個人面談そのすぐ後に自身は起きた。酷い揺れに社員と建物の外へ。地面がかなり大きく揺れている。周りの建物からも人が出てくる。ワンセグを見ていた人が「東北で震度7」と。不安がわいてくる。胸がドキドキする。10分程で電話は通じなくなった。テレビをつなぐと全局が特番に。時々刻々、現況のニュース。大きな被害がでなければ、と思っているが。交通網はすべてストップ。社員に買出しに行かせ、篭城の準備。巨大地震の様相が夜につれ、分かり出す。不安。家族への電話はつながらず。かろうじて手持ちのPCのイーモバイルが使えるため、それを使って仕事を進める。社員2名は友人宅と近くの自宅へ。私ともう1名で朝方まで。途中、毛布に包まり1時間半ほど仮眠。朝方、渋谷駅まで歩き、東横線で帰宅。7時前に自宅着。東北沿岸部の惨状は目を覆いたくなる。町がひとつまるごと消えている場所が何箇所もある。本当に未曾有とでも言うべき災害。福島原発も危機的状況。着衣のまま寝る。食事がなかなか喉を通らない。病気の時でも食欲が落ちない方なのに。珍しい。12日惨状が次々と明らかに。やはり食欲なし。仙台にいる知人が心配。連絡はとれない。母と電話。よほど心配だったようだ。13日(日)原発が本当に心配。地震以上に。地震対策はわりにしっかりやっている方なので、まだ買っていない大型のスコップなどを買いに行く。14日(月)こんなときに熊本出張だ。それも4日連続。熊本は、やはり少しだけのんびり。この日は原稿チェックでホテルにてほぼ徹夜。15日(火) 朝、東京で買えなかったランタンを見つける。その他、東京で手に入らない避難用品を買う。熊本でも乾電池の単一は売り切れ。クライアントの募金のボトルにはお札がぎっしり。やはり、皆さん心配し、心を痛めているのだ。夜9時すぎにホテルに戻る。食事に行った先で飲み屋街にお客が少ないとのこと。飲む気にならないのだという。じぶんもそうだ。知人のお店へ。いろいろな情報を仕入れる。16日(水)がんばって早めにアップ。夜9時前にはホテルに帰着。ゆっくりひとりで食事。再度、知人のお店へ。17日(木)出張最終日。まだ、校正ミスが見つかる。あれほど徹底的に校正しても。80ページの校正はなかなかだ。後を託して16時便で東京へ。羽田に近づくたびにからだが緊張していくのが分かる。(笑)夜は家族で食事。18日出社。仕事は淡々と進んでいる。19日娘の終業式。きょうから家内と娘は長崎の実家へ。春休み中は疎開してもらう。最終便で長崎へ。母は孫が来るのでうれしそう。猫は初めての家で珍しそうに彷徨う。20日長崎市内、浜ノ町へ。買い物と食事。まったくコシのない独特のうどんを食べに「松の家」へ。そう、この味!美味しい! 21日叔母から五島牛の肉が届く。焼肉で頂く。美味しい!! のんびりと2日間。22日朝便で東京へ。そのまま会社へ出社。みな平穏に仕事中。だれもいない家に帰る。なかなか寝付けず。睡眠5時間ほどか。23日通常通り出社。この数日、村上春樹さんのエッセイを読み続けている。そのときだけ、頭が切り替わる。相変わらず例えが天才的に上手い。誠実さってこうこうこと。