企業ブランドの構築なら IQブランディング TOP » iQヂカラ

IQヂカラ

IQヂカラ 第16号

日時: 2009年06月07日 10:03

  ちょっと遅れ気味のメルマガです。
  楽しみにいてくださる読者の方の存在に勇気づけられます。

  いま、とあることを継続してやろうと
  小学生のようにやれたら塗りつぶすカレンダーを
  使っています。

  面白いものでそのわずかなスペースを塗りつぶそうと
  けっこう毎日やる続けることができています。

  コツコツ続けることの大切さを学んでいます。

------------------------------------------------------------------

 IQブランド メルマガ『IQヂカラ』 2009年06月08日発行

  ホームページ http://www.iqbrand.jp/

 ★「エガミ の 泥縄式ブランディング」 連載その16 ★

       ~  物語の種を蒔こう ~

------------------------------------------------------------------
【このメルマガは知人・名刺交換した方・お申込みの方等に送信中です。
配信停止ご希望の方はメール本文の最後のコーナーでお手続き下さい】
------------------------------------------------------------------

前回の「物語のちから、種蒔き」の話のつづきです。

よく覚えていない方は、こちらへ

http://www.iqbrand.jp/2009/05/19_110423.php

(メルマガ第15号 それ以前のものも読めます)

ブランドづくりで、そのブランド物語の種をまく場合、
その種を何によって蒔くかは重要です。


たとえば・・・


チラシ

DM


あるいは・・・


ホームページ

メルマガ

ブログ


はたまた・・・


テレビCM

新聞

交通広告

イベント

映画

 ・・という手だってあります。

パーソナルブランディングで種をまこうと思ったら
メルマガやブログなど、じぶんの匂いを広げられるメディアがよいですね。
手書きのチラシなどもいいかもしれない。本を出せれば最高です。


中小企業であれば、DMやチラシ、ホームページ。
その中に社長やブランド責任者のブログをまじえてもいいかもしれません。


もっと大きな企業なら
CMや新聞雑誌などのマスメディアを使った広告。
イベントや店頭でのプロモーションなども使えます。

  そして、ここでのコツは・・・


      「第三者の視点」をどう織り込むか、です。


  なぜなら・・・
      

      「第三者の視点」があるかどうかで、
      その物語の信頼性が大きく違うからです。


  簡単に言うなら・・・ 


      最強の物語頒布力も持っているのは
      「口コミ(第三者の視点)」だからです。

つまり人を動かす力のあるメディアの中で
もっとも動かす力が強いのは「口コミ」。


自分の体験を振り返ってみてください。


食べるメニューを決める。商品を選ぶ。
本を買う、CDを買う、お店を選ぶ、旅先を決める。


どれだけ口コミに頼っているか。


あるいは、もっと人生の重大事でもいいです。
結婚相手を決める。(笑) 住む場所を決める。


まったく他人の意見を当てにせずにやってることって
実はとても少ないんですね。


たとえば、ホームページや通販のチラシには
必ず「お客さまの声」があり、映画の広告にはいつも
著名人や一般の方の感想が載っています。

ブランドメッセージは、発信側からの一方的なメッセージ。
片思いのラブレターのようなものです。


ぼんやりと知っているぐらいの相手から
一方的に好きだと言われても当初はとまどってしまいます。


しかし、あなたの親友から「あの人はすごく素敵~」と
言われれば、少し興味が沸いてきますし、悪い気はしませんよね。

この親友のひとことに当たるのが「お客さまの声」です。


さらに、その発展形が口コミであり、
新聞や雑誌の取材記事やテレビ番組で
取り上げられることです。


つまり、PR(パブリシティ)で取り上げられること。

前回取り上げた本「奇跡のリンゴ」。

あれは青森リンゴ農家の木村秋則さんの、
肥料も使わないりんごの無農薬栽培(ほとんど自然栽培)の苦闘を
第三者の目で追ったドキュメンタリーだからこそ、
ものすごく力を持ちえた部分があります。


ブランドをつくるときは「口コミ」が発生するように種を蒔く。


しかし、第三者がやっているものなら話は別です。

口コミといっても実際の会話で伝わる口コミ以外に
ホームページ、メルマガ、ブログ、新聞、雑誌などでの取り上げも
一種の口コミ。

あなたと関係のない第三者が取り上げるなら
それは「口コミ的パワー」を持つことになります。

   さて。

で、口コミを発生させる、あるいは取り上げてもらうには
その物語から発生する、話題性にとんだニュースを提供する必要があります。

ここは、知恵を絞ってください。

ブランドの立ち上がりの時期には、インパクト重視のもの。
展開期には、じわじわとした広がりが期待できるものがおすすめです。


あ、普通に考えれば物語すべてを発信できるメディアは限られています。
ホームページ、ブログ、メルマガ、小冊子、本・・・あたりでしょうか。


それ以外のメディアでは、そのエッセンスを形を変えて提供します。


自分で発信するものがリンゴの種だとすると、
その周りにある果肉が口コミなわけです。


ブランドそのものは木にあたります。


もいだリンゴの果肉が美味しければ、
お客さまは、その木のファンになってくれます。


期待以上の何かを提供できていれば、そのお客さまはいつしかファンになり
そのブランドの肥沃な大地の役割を担ってくれるようになります。


【一行後記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ★走り梅雨の日々。久しぶりの太陽。家の窓をぜんぶ開け放つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】IQブランド (有限会社ココカラ)
     〒107-0062東京都港区南青山4-17-51清水ビル1F 

【編集者】エガミタカオ

【URL】http://www.iqbrand.jp/

 ◎ご意見・ご感想・お問い合わせは info@iqbrand.jp まで。

 ◎アドレス変更:件名「アドレス変更」と記入のうえ、旧アドレスと
 新アドレスを明記し、info@iqbrand.jp へメールお送りください。
 
 ◎配信停止:本メール配信停止ご希望の場合は、以下のURLから
 簡単に手続きが可能です。お手数ですがよろしくお願いいたします。
 ご購読、ありがとうございました。

 -----------------------------------------------------------
 【配信停止】http://www.iqbrand.jp/iq_jikara/kaizyo.php 
 -----------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright (c) 2008 IQ-BRAND. All rights reserved