企業ブランドの構築なら IQブランディング TOP » iQヂカラ

IQヂカラ

IQヂカラ 第12号

日時: 2009年03月30日 09:54

思いのほか、このところの寒さで、桜の花の開花スピードが鈍っています。

でも、今週半ばには薄墨色の、曇り空に似合う桜の5分咲きくらいが

みられることでしょう。

------------------------------------------------------------------

 IQブランド メルマガ『IQヂカラ』 2009年03月30日発行

  ホームページ http://www.iqbrand.jp/

 ★「エガミ の 泥縄式ブランディング」 連載その12 ★

         ~  自己規定する ~

------------------------------------------------------------------


ブランドとしての資産を洗いざらい調べて、資産の棚卸を行う。

そして、そこから「ブランドの本質」を探ったあとは、

そこをポイントに「ワタシは誰か」「ワタシは何のために存在するのか」

       ・・・という“自己規定”を行います。

ここでも、企業を例にとりましょう。

前号の無印良品もそうですが、優れたブランドや企業は

この自己規定が非常に良くできています。

優れているからブランドになれた、とも言えます。

企業活動をやりながら徐々に修正し、優れた自己規定になったものもあれば

最初の設定が素晴らしかったという例もあるでしょう。

でも、いずれにしても「ワタシは誰か」「ワタシは何のために存在するのか」

という規定はブランドの根幹です。

これを、ブランド・アイデンティティと言います。

私の本質をしっかり認識したうえで、

「ワタシは○○○な存在である」「ワタシは○○○のために存在する」

この「○○○」をしっかり決めることが、

ブランドがスタートする、最初で、そして最大の一歩です。

シアトルの町のコーヒー店。

スターバックスが世界的なコーヒーチェーンとして

飛躍したのは、その自己規定にあると思います。


   
       最高のコーヒーを提供する

これは、もちろんのことですが、もうひとつの規定があります。

       Third Place 

つまり、第三の場所。

「日常の中で、ほんの少し幸せな気分になれる場所。」

会社でもなく、自宅でもなく、お客様に五感すべてで

くつろげる第三の場所を提供しよう。

CEOのハワード・シュルツが、1983年にイタリア出張で

ミラノのエスプレッソバーに感銘を受けて始めたシアトルスタイルの

コーヒーバーは、この“Third Place”という

自己規定に出会うことで世界へ飛躍することとなります。

        この自己規定が・・・

テイクアウトもあるのに、そこそこ高価格(客単価も高く)で

味はトップクラス。居心地がよく、どこのお店に行っても

ある程度のくつろぎを保証してくれるという新業態、

「スペシャリティコーヒーショップ」を生み出したのです。

        A:最高のコーヒー

        B:第三の場所

Aという軸だけでははっきりしなかったアイデンティティを

Bという軸を新たに設けることで、全く新しい業態を生み出した

スターバックス。

おすすめしたいの・・・というよりやらなければならないのは、

この2つの軸、あるいは3つの軸による自己規定。


            |
            |  ******
            |  *^>^*
            |  * =*
            |  ******
    ________|________
            |
            |
            |
            |
            |
            | 


ワタシの独自性を発見し、磨きを掛ける二次元のMAPをつくってみてください。


【一行後記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ★桜の芽が着ぶくれた人間のようにぱんぱんに膨らんでいる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】IQブランド (有限会社ココカラ)
     〒107-0062東京都港区南青山4-17-51清水ビル1F 

【編集者】エガミタカオ

【URL】http://www.iqbrand.jp/

 ◎ご意見・ご感想・お問い合わせは info@iqbrand.jp まで。

 ◎アドレス変更:件名「アドレス変更」と記入のうえ、旧アドレスと
 新アドレスを明記し、info@iqbrand.jp へメールお送りください。
 
 ◎配信停止:本メール配信停止ご希望の場合は、以下のURLから
 簡単に手続きが可能です。お手数ですがよろしくお願いいたします。
 ご購読、ありがとうございました。

 -----------------------------------------------------------
 【配信停止】http://www.iqbrand.jp/iq_jikara/kaizyo.php 
 -----------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright (c) 2008 IQ-BRAND. All rights reserved