企業ブランドの構築なら IQブランディング TOP » iQヂカラ

IQヂカラ

IQヂカラ 第7号

日時: 2009年01月13日 09:37

今年最初のメルマガをお届けします。

昨日は知人の結婚パーティー、二次会、別の飲み会と朝11時から夜9時まで

立食、立食、もつ鍋と食べ続け、飲み続けました。


胃腸は疲れ気味ですが、とても良い結婚パーティ-でした。

久しぶりの知人にもたくさん会えて、話もはずみました。


しかし、その会場に行く途中でみた

東京湾越しに見える富士山、きれいでした。

雪をおびた丹沢の山塊越しにすっくと立つ光景は感動的でした。

------------------------------------------------------------------

 IQブランド メルマガ『IQヂカラ』 2009年01月12日発行

  ホームページ http://www.iqbrand.jp/

 ★「エガミ の 泥縄式ブランディング」 連載その7 ★

   ~  ブランドづくりでもっとも大切なこと ~

------------------------------------------------------------------

金融恐慌が徐々にボディブローのように効いてきている。


銀座の高級ブランドが売れなくなってきていると聞きます。

フェラガモが日本で世界で初めての値下げをするとか。

逆にユニクロは過去最高の売り上げを達成とのニュース。


作家で経営者だった辻井喬さんが今朝の新聞でも述べていましたが

「選別消費」の時代に入った、と見るべきだと。


本当に必要なものだけしか買わない。

質と価格を見極めて買う。


90年代初頭のバブル崩壊後にも同じ事が言われましたが

今回は、それがもっと徹底していると見るべきでしょう。


とすると、ブランド力が問われるのは実はこれからなのですね。


さて。


ブランドをつくるときに最も大切なことは何だと思いますか?


これは僕の実体験から生み出された法則で

不思議なことに、どこのブランディングの本にも書かれていません。

でも、実際にブランドをつくろうとするときに

最も重要なことなのではないか、と思うのです。


 何だと思いますか?

 ・・最初のコンセプト?

 ・・目標設定?

 ・・ポジションニング?

そういう、むつかしげなことではありません。


とてもシンプルなことです。


ブランドつくりで最も重要なこと。


それは、そのブランドつくりの責任者(TOP)の方の・・・


     『 決 断 』 です。

 この商品をゼッタイにブランドにする!

 私たちの企業はこの分野で一流のブランドになる!

  
   ・・・という『 決 断 』。

この決断がないと、ほぼブランドにはなれません。

これは僕自身のいくつかのクライアント体験から来ています。

広告制作の責任者として、ほぼ同業種・同業態の2つの企業を

担当したことがあります。


担当時期がかなりずれているので一概に比較はできないのですが、

どちらの企業もブランドづくりをしたいという意志はいっしょでした。


しかし、ブランドの責任者の『 決 断 』の質がまったく違いました。

覚悟が違うと言い換えてもよいでょう。


A社は、明確な意志を持っていました。

社長は常々その商品ジャンルの中で「ベンツになる!」と明言していました。


そのため、経営戦略、マーケティング戦略、商品開発は

そこに向かって組織されていきました。


もちろん、広告もそう。


戦略や方向性に、ほとんどブレがありません。

問題が起こったときも、その観点から見直されます。

それは僕ら制作者がイヤになるほど(笑)

徹底されていました。


B社は、ブランドの確立がキーなることを理解はしていました。


しかし、どのようなブランドになるのか、

市場の中でどのようなポジションを採るのか、答えが出せずにいました。

それ以上に僕の目には戦略を選ぶことを避けているように写りました。。

どの層をメインの顧客とするのか。

どの商品をヒーローとしてプッシュしていくのか。

どういうイメージを5年後に確立すべきなのか。

商品ラインはどのように整理すべきなのか。

決断とは「決めて、断つこと」です。


他の可能性を捨てることです。

ときには恐怖が伴います。


しかし、捨てないことには手に入らないものがあります。

たとえば、結婚。

結婚とは、他の人との人生の可能性を捨てることです。

捨てるから、いま目の前にいる人と歩む人生が手に入ります。


A社は、その後の顧客離れの危機も乗り越え、

そのジャンルでは日本有数の優良会社に成長しています。

この厳しい時代に自社商品のファンを着実に増やし続けています。

B社は、いまだ決めかねています。

右肩あがりの時代はとっくに終わり、売り上げは低迷を続けています。

(ただ、まだまだ成長軌道に戻る可能性は十分にあると思いますが)

ブランドになると決めること。


ブランドはそこからスタートします。

【三行後記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★この3連休はOMソーラーで建てられた家に滞在中。

  暖房を入れてないのにぜんぜん寒くない。ふわっと暖かい。

  というより暖房器具がない!! すごい。2^^;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】IQブランド (有限会社ココカラ)
     〒107-0062東京都港区南青山4-17-51清水ビル1F 

【編集者】エガミタカオ

【URL】http://www.iqbrand.jp/

 ◎ご意見・ご感想・お問い合わせは info@iqbrand.jp まで。

 ◎アドレス変更:件名「アドレス変更」と記入のうえ、旧アドレスと
 新アドレスを明記し、info@iqbrand.jp へメールお送りください。
 
 ◎配信停止:本メール配信停止ご希望の場合は、以下のURLから
 簡単に手続きが可能です。お手数ですがよろしくお願いいたします。

 -----------------------------------------------------------
 【配信停止】http://www.iqbrand.jp/iq_jikara/kaizyo.php 
 -----------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright (c) 2008 IQ-BRAND. All rights reserved