企業ブランドの構築なら IQブランディング TOP » iQヂカラ

IQヂカラ

IQヂカラ 第2号

日時: 2008年09月29日 16:21

      エガミです。めっきり涼しくなりましたねえ。

      昨日、今日は本格的に秋の訪れを感じました。

      季節の変わり目、風邪など引きませぬように。

---------------------------------------------------------------------

   ★「エガミ の 泥縄式ブランディング」 連載その1 ★

      ~ その前史 すこしだけ挑発的な意見 ~

---------------------------------------------------------------------


創刊号からずいぶん経ってしましましたが、きょうから、このメルマガ、

私が考える「ブランド、ブランディング」を連続で紹介していきます。

私が考えるというより・・・

私が体験した、といった方が正しいかな。

IQの中でも自己紹介していますが

私はコピーライター、クリエイティブディレクターとして

実は25年のキャリアを持っています。

25年というと生まれた子供はもう立派に成人、就職して

親に「初給料出たからさ、メシでも喰う?俺おごるよ」と言う年齢。

けっこう長いことやっています。

うちの長女はことばにおむつをしてもらい、ことばに学費をだしてもらってと

色々なことばに育ててもらったようなもの。


25年前はまだ糸井重里さんが現役で、

バシバシと西武百貨店でヒットコピーを連発していたころ。

いまの大学生に聞いても「はあ、何のこと?」がおちだろう。(笑)

コピーライターがモテモテの商売で

西武百貨店が学生の人気就職ランキング上位で

携帯電話は影も形もなくて、人は伝言ダイヤルで連絡をし

「ネアカ」「ネクラ」と人間は二分されて理解されており

コンピュータゲームはまだなく、マニア以外ほぼ誰もPCを持っていず

まだ、ワープロがCMの花形だったころ。

「オタク」もまだ中森明夫によって命名されておらず

当然、インターネットはアメリカの国防省が研究をしている段階。

そんな牧歌的時代でした。

しかし、広告はつくれば売れた時代から

広告を打っても徐々に売れなくなる時代へと移行する動きが

水面下では起こっており、しかし、それでも広告代理店は

時代の謳歌していた時代です。

この頃の広告屋は、当然売ることを意識して広告をつくってはおりますが

実は日本にはDDBというアメリカの広告代理店が生み出した

60年代の一連の広告(フォルクスワーゲン、エイビスレンタカーが有名)の

影響がまだ脈々としてあり、糸井さんらの広告手法は一部業界人からは

異端視されていたように思う。

※DDB ドイル・デーン・バーンバンク


DDBの手法は、一言で言えば、

商品や企業の見え方=ポジショニングを鮮やかに組み替える、

いわば「リポジショニング」の手法である。

それも見事な、それ、である。


当然、その新たなポジションが受け入れられる素地が

世の中にあるかどうかは綿密に検討されているはずだが、

広告表現としては、素直で分かりやすい新聞広告のシリーズとして

世の中に出ていった。

いまでも、この彼らがつくった広告は見事な「広告の教科書」である。

そして、これは見事なブランディング、ブランド再生の教科書でもあります。


もし、勉強したい方はかなり古い本ですが、ちょっと前までは新刊本で

出ていたような記憶がありますが、いまは古本でしか手に入らないようです。


   「効果的なコピー作法 」(1963年) 西尾忠久著


amazonでの古書価は22,700円。高い!

確か出版社は誠文堂新光社だったような。

では、なぜ見事な「広告の教科書」が

見事な「ブランディングの教科書」になるのか?


それは、基本的に、

マスメディアの広告は「ブランド広告」だからである。

あれらは「基本的にものを売らない広告」である。

もしくは「物を売れない広告」である。


相当、誤解されがちな言葉だが、いわゆる広告制作者がつくる広告は

ブランドをつくる構造にはなっていても、物を売る構造には、あんまりなっていない。

    ・・・ことがとても多い。(笑)

もっと誤解が多い言い方をしよう。

広告制作者は「伝えるプロ」がほとんどで「売るプロ」はほとんど居ない。


    。。。ことがとても多い。

さらに暴論・・・

で、実は「すべての広告は、まず、ブランド広告としても機能している」


つまり、世の中にある広告は

(A)「すぐ売るための広告で結果的にブランドづくりになってしまう広告」

(B)「すぐ売れなくてもよいから知らしめたいブランド広告」

の2種類だけがあることになる。


どちらにしろ、売ること最終目標にしているには違いがないが。

効かせ方はずいぶん違う。

女性に対して、やる気まんまんの若者と

その気はあるけど何気ないふりの素敵な叔父様。(笑)

たとえが露骨で申し訳ない。

騙されたと思って今日の新聞の朝刊の広告をぜんぶ見てほしい。

必ずどちらかに分類出来るはずである。例外はない。

ただし、(A)の広告によるブランディングは

ネガティブな反応を引き起こすブランディングも含みますが。


     ★☆ 次号に続く・・・・

□■□□■□■□■□今 週 の ウマカモン屋 □■□■□■□■□■□■

 
   ★まえだや ジンギスカン
    TEL 03-3716-8322
    東京都目黒区中目黒1-5-8
    [月~金] 18:30~24:00 [土] 18:00~23:30
    定休日 日曜・祝日・第3月曜


  ⇒ いわゆる中目の駅から徒歩5分くらい。
    都会の谷間の辺鄙なところにある"雑駁な焼き肉屋”。
    すっごい旨い!と唸るほどでもないんだけど。(笑)
    なぜかシミジミ食べに行きたくなるような雰囲気。
    煙もうもうなので安い服で、汚れてもいい服で行ってください。

【一行後記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★首が冷えると風邪を引きやすくなります。お気を付けください。
  首のまわり、特に首の後ろに何か巻いとくといいです。2^^3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】IQブランド 
     (有)ココカラ 〒107-0062東京都南青山4-17-51清水ビル1F 
【編集者】エガミタカオ
【URL】http://www.iqbrand.jp/

 ◎ご意見・ご感想・お問い合わせは info@iqbrand.jp まで。

 ◎アドレス変更:件名「アドレス変更」と記入のうえ、旧アドレスと
 新アドレスを明記し、info@iqbrand.jp へメールお送りください。
 
 ◎配信停止:本メール配信停止ご希望の場合は、以下のURLから
 簡単に手続きが可能です。お手数ですがよろしくお願いいたします。

 -----------------------------------------------------------
 【配信停止】http://www.iqbrand.jp/iq_jikara/kaizyo.php 
 -----------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright (c) 2008 IQ-BRAND. All rights reserved